鳥越碧の通販比較口コミ

            

漱石の妻 (講談社文庫)

価格:886円 新品の出品:886円 中古品の出品:173円
コレクター商品の出品:2,800円
カスタマーレビュー
妻・鏡子の目から描く、戦場そのものだった夫婦生活。それでも別れなかった二人の心の機微。文豪の妻はなぜ悪妻と呼ばれたのか悪妻として知られる夏目漱石の妻・鏡子。潔癖症の漱石と、おおらかで大雑把な鏡子の夫婦生活は、船出から食い違い、英国留学を経て重度の神経症を患った漱石との暮らしは大波に揺れる。鏡子はなぜ悪妻と呼ばれたのか? 二人はどうして別れなかったのか? 余人には窺い知れない夫婦の絆を妻の視点で描く。どれが自分たち夫婦の真実であったのだろうか。自分にとっては真実であったとしても、金之助には果して真実であったかどうか。夫婦の真実など、この世には存在しないものなのかもしれない。夫婦とは何なのだろう。もっとも近くにいて、もっとも遠い存在なのか。――<本文より>
漱石の妻

価格:1,728円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
どうして私が、悪妻と呼ばれるのですか? 文豪・夏目漱石を支えたのは一人の平凡な女性だった。が、夫の病と闘い家を守った彼女を、人は「悪妻」と呼んだ。──歴史に埋もれた「真実の夫婦の姿」が甦る!
漱石の妻 (講談社文庫)

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:107円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
悪妻として知られる夏目漱石の妻・鏡子。潔癖症の漱石と、おおらかだが大雑把な鏡子の夫婦生活は、船出から食い違い、英国留学を経て重度の神経症を得た漱石との暮らしは大波に揺れる。鏡子はなぜ悪妻と呼ばれたのか? 二人はどうして別れなかったのか? 余人には窺い知れない夫婦の絆を妻の視点で描く。(講談社文庫)
陶炎 古萩 李勺光秘聞

価格:1,944円 新品の出品: 中古品の出品:909円
コレクター商品の出品:1,080円
カスタマーレビュー
後に萩焼の祖となる李勺光は、文禄の役で捕まり日本に連行された陶工だった。その身を預かることになった毛利家では、彼を特別な待遇で迎えた。朝鮮での戦いで夫を亡くしたばかりの志絵を世話係に任命したのだ。夜伽も務めるその任に志絵は屈辱を覚えるが、武家の娘として従容と受け入れる。捕虜の陶工を志絵はどのように支えたのか。関ヶ原の合戦で時代は豊臣から徳川へ。激動の世を生き、一人の陶工に身を捧げた女の運命とは!
陶炎 古萩 李勺光秘聞

価格:1,836円 新品の出品:1,836円 中古品の出品:84円
コレクター商品の出品:1,770円
カスタマーレビュー
豊臣秀吉が朝鮮を攻めた文禄の役。後に萩焼の祖となる李勺光は、そのとき朝鮮で捕まり日本に連れてこられた陶工だった。その際、秀吉の命で毛利家がその身を預かることになる。茶器が戦国武将たちに珍重されていた当時、毛利家では彼の造る焼き物を国の特産品とすべく、勺光を捕虜としては別格の待遇で迎えようとした。朝鮮での戦いで夫を亡くしたばかりの志絵を世話係に任命したのだ。志絵は毛利家・三美人の一人と言われ、夜伽も務めなければならないその任命に屈辱すら感じるが、武家の娘として従容と受け入れる。それから、志絵の煩悶がはじまる。毛利家中と勺光をつなぐ連絡係を務める青年武士・弘太郎に一目惚れしてしまったのだ。作品作りに打ち込む陶工と、若き家人との間で揺れ動く志絵の心。時代も大きく動き、関ヶ原の合戦で敗れた毛利家は、八ヵ国から二ヵ国に大幅減封され、勺光の窯場も萩の地へ移動を迫られるが……。
兄いもうと 子規庵日記 (講談社文庫)

価格:2,808円 新品の出品: 中古品の出品:199円
コレクター商品の出品:3,000円
カスタマーレビュー
正岡子規の妹・律は、幼いころ「私は兄さまのお嫁さんになるんよ」が口癖だった。実際、二度結婚し、二度とも離婚して実家に戻る律。やがて、脊椎カリエスを病み、激痛にのたうちまわりながら仕事を続ける子規の闘病生活を、彼女は命を燃やすかのような献身的な看病で支える。壮絶な兄妹愛を描く傑作長編!
兄いもうと 子規庵日記 (講談社文庫)

価格:864円 新品の出品:864円 中古品の出品:29円
コレクター商品の出品:7,500円
カスタマーレビュー
正岡子規の妹・律は、幼いころ「私は兄さまのお嫁さんになるんよ」が口癖だった。実際、二度結婚し、二度とも離婚して実家に戻る律。やがて、脊椎カリエスを病み、激痛にのたうちまわりながら仕事を続ける子規の闘病生活を、彼女は命を燃やすかのような献身的な看病で支える。壮絶な兄妹愛を描く傑作長編!
一葉 (講談社文庫)

価格:881円 新品の出品: 中古品の出品:79円
コレクター商品の出品:830円
カスタマーレビュー
15歳で戸主になり、貧しさゆえ作家になる決意をした樋口一葉。小説の師・半井桃水(なからいとうすい)への恋情、歌塾・萩の舎での屈託を抱え、極度の借金に追われながらも、わずか十数ヵ月で鴎外、露伴らから絶讃され近代文学の頂点に立つ。24年の生涯を全力で生ききった、稀有な天才作家の儚(はかな)くも美しい足跡を綴る、感動の長編小説。(講談社文庫)
一葉 (講談社文庫)

価格:1,166円 新品の出品: 中古品の出品:254円
コレクター商品の出品:1,900円
カスタマーレビュー
「燃ゆる想いで読み切った」児玉清 24歳で逝った、天才作家・樋口一葉の生涯 15歳で戸主になり、貧しさゆえ作家になる決意をした樋口一葉。小説の師・半井桃水(なからいとうすい)への恋情、歌塾・萩の舎での屈託を抱え、極度の借金に追われながらも、わずか十数ヵ月で鴎外、露伴らから絶讃され近代文学の頂点に立つ。24年の生涯を全力で生ききった、稀有な天才作家の儚(はかな)くも美しい足跡を綴る、感動の長編小説。
一葉

価格:10,584円 新品の出品: 中古品の出品:210円
コレクター商品の出品:1,296円
カスタマーレビュー
「燃ゆる想いで読み切った」児玉清 24歳で逝った、天才作家・樋口一葉の生涯 15歳で戸主になり、貧しさゆえ作家になる決意をした樋口一葉。小説の師・半井桃水(なからいとうすい)への恋情、歌塾・萩の舎での屈託を抱え、極度の借金に追われながらも、わずか十数ヵ月で鴎外、露伴らから絶讃され近代文学の頂点に立つ。24年の生涯を全力で生ききった、稀有な天才作家の儚(はかな)くも美しい足跡を綴る、感動の長編小説。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

HTTP/1.1 200 OK Date: Sat, 10 Dec 2022 02:30:13 GMT Server: Apache X-Powered-By: PHP/5.1.6 Content-Length: 563 Connection: close Content-Type: text/html